交換工事の流れ

交換工事の流れ

交換工事の流れ

エコキュートの交換工事の流れをご紹介いたします。

どんなに性能の良いエコキュートを安く交換できたしても、お粗末な工事をされては安心できませんよね?

当店「長野エコキュート交換マイスター」のエコキュート職人たちは、“工事が命”を全員のスローガンとし、丁寧かつ高品質な工事の提供を常に心がけております。

安心して長くお使いいただける施工技術に、多くの方々から信頼をお寄せいただいております。

STEP1-1
STEP1-2

まずは既存のエコキュートの取り外しを行いますが、「配管」や「電気配線」を取り外してから、エコキュート本体を取り外します。そのためにはエコキュート本体(貯湯ユニット)の水抜きも必要です。前カバーを外して作業を行います。

STEP2-1
STEP2-2

給湯配管、給水配管、ヒートポンプ配管、浴室配管と配管を外し、ヒートポンプ(室外機)を取り外して撤去します。

STEP3-1
STEP3-2

エコキュート本体(貯湯ユニット)の配管には断熱材が巻かれているので断熱材を取り外し、配管を外していきます。

STEP4-1
STEP4-2

エコキュート(貯湯ユニット・ヒートポンプ)を取り外します。

STEP5-1
STEP5-2

コンクリートの土台に転倒防止としてアンカーボルトを打ち込みます。土台周りを整えてから、新しいエコキュートを基本的には2名で搬入します。

STEP6-1
STEP6-2

エコキュートを設置したら必ずモバイルレベル(水平器)を使用して傾きがないか確認します。改めて水平に設置してから金具で固定します。そして、給湯配管、給水配管、ヒートポンプ配管、浴室配管を接続していきます。

STEP7-1
STEP7-2

配管接続後は配管の凍結防止として新たに保温材を巻いていきます。保温材に小さな破れや隙間があると特に冬場に配管が凍結し故障の原因になりますので断熱テープでしっかり巻き付けます。

STEP8-1
STEP8-2

続いてエコキュートの電源配線の接続です。電線コードに専用の圧縮端子を取り付け、電源コードを接続し、アース線を取り付けて、すべての電源コードを取り付けます。

STEP9-1
STEP9-2

エコキュート本体側の貯湯ユニットとヒートポンプユニット側の配管も接続します。貯湯ユニットの足元が剥き出しなので脚部カバーを取り付けます。脚部カバーは目隠し効果と配管の保護に役立ちます。

平均は6時間程度で交換工事は完了しますが、工事内容によっては7時間を超える場合もあります。

工事中はキッチンやお風呂はもちろん、工事完了後にタンク内のお湯を沸き上げるため、その間も給湯はご使用できませんのでご注意ください。

お湯が使えなくなってから新機種を検討し始めると、工事完了までお風呂に入れない期間が長くなる可能性があります。

エコキュート耐用年数は10年〜15年前後が目安となりますので、まだ故障していなくてもそのような時期に差し掛かっているようでしたら、今のうちから交換工事をご検討されることをオススメいたします。

3つの安心保証サポート

無料10年間の工事保証

当店ではメーカー施工基準に則った高品質な施工を提供し、欠陥工事ゼロを徹底しております。その自信の証としまして、交換工事のすべてに10年間の工事保証を無料で付帯いたします。

最長10年間の製品保証

従来のメーカー保証期間にご不安を抱くお客様が多くいらっしゃいます。当店では、そのご不安を安心に変えるため、メーカー保証期間を最長10年まで延長するサービスをご用意しております。

無期限フルサポート

売りっぱなしは致しません!交換工事後でもリモコンの使い方ひとつからメンテナンス、万が一のトラブル等、お困りごとがあればスグにお電話OK!いつまでもフルサポートいたします。

長野県のエコキュート交換工事例(ビフォー・アフター)

交換工事例

エコキュート交換工事は3,000件を超える豊富な実績があります。その一部をご紹介いたします。

お客様の声

お客様の声

当店をご利用されたお客様から寄せられた喜びの声を一部ご紹介いたします。

まずは無料相談から

エコキュートの選び方もご提案できます。
長野県の方はお気軽にお問い合わせください。

このページの先頭へ